おすすめ→

国登録有形文化財宇賀神社飾板を初公開中!地獄絵等展示!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

 

企画展

「ほとけを描く」

 

会 期  平成30年7月21日(土)〜10月8日(月)

開 館 日 毎週 土・日・月・祭日

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 ほとけとは、迷いを超越した不変の真理を悟り得た者の事であり、古代インドにて使用されていたサンスクリットにおけるbuddhaから音訳した「仏陀」を指します。それは、目覚めるというbudhを語源とし、目覚めた人・覚者とも表現され、欠くことができない最も大事な根本要素や実際の有様を悟った人の事であり、具体的には仏教の開祖である釈迦牟尼を表現しています。人々は信仰対象としての仏陀の姿を求め、彫像や絵画として具象化してゆきました。その後、広義における信仰対象としての諸仏の彫像や絵画に対しての意味としても用いられるのです。

  諸尊仏の姿は六世紀百済よりの仏教公伝と共にもたらされます。公伝直後から求めに応じて数多くの仏像が彫られたとされます。公伝初期の北魏様式と称される特徴的であった顔立ちは、ほとけ達を信仰した人々が親しみをもてる姿に変容し、より深い信仰をあつめてゆくのです。そして高度な仏教経典や思想の流入と共に諸尊仏は多様化し、様々な姿で描かれたほとけの姿は人々を魅了し信仰されてゆくのです。

  本展覧会では、遊行寺に伝わる仏画や彫刻などから、釈迦如来や阿弥陀仏、観音菩薩など、描かれたほとけの姿の一端を紹介します。この機会に、いろいろなほとけの姿に親しんで頂ければ幸いです。


平成30年7月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 

 

 

 

 


 

開 館 日

7月 21.22.23.28.29.30.

8月 4.5.6.11.12.13.18.19.20.25.26.27.

9月 1.2.3.8.9.10.15.16.17.22.23.24.29.30.
10月 1.6.7.8.

 

上記以外は団体申込(15名以上)で開館。(事前申し込みが必要となります。) 

※休日開館は団体割引入館はありません。

※ 館内整備・行事などにより休日開館できない日もあります。

 

開 館 日 :土・日・月・祭日

開館時間 : 10:00〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)

 

入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 400円
  小・中学生 200円
(※15名以上の団体は各2割引 但し休日開館時は除く)

 

 

ページトップへ


過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい