おすすめ→

歴代上人名号勢揃い!一つ火報土名号は展示室初お目見え!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

企画展

弥陀の名号

 

会 期  令和3年5月15日(土)〜7月5日(月)

開 館 日 毎週 土・日・月・祭日

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 西方極楽浄土の教主である阿弥陀仏にすべてをまかせてられるからこそ「南無阿弥陀仏」と念仏を称え功徳にすがるのです。その思想は『観無量寿経』に説かれています。

  阿弥陀仏の六字の名号を称える念仏は奈良時代に始まり、平安時代中期にかけて仏の姿や功徳を心におもい浮かべながら名号を口に称える観想念仏が盛んになります。遊行寺秋季開山忌にて厳修される日想観は『観無量寿経』に説かれる観想念仏行です。鎌倉時代になると、極楽往生には念仏が必須であるとされ、口で仏の名号を称する称名念仏が主流となります。時宗では称える念仏も名号であるとし、宗祖一遍上人は「名号を念仏といふ事、意地の念を呼て念仏というにあたらず。ただ念仏の名なり」(『一遍上人語録』門人伝説)として、他のことを考えずに、ただ一つの念仏に心を注ぎなさいと説いたのでした。 

 さて、六字の名号は色々な形で人々の手に残りました。歴代遊行上人は念仏を称えた人々に賦算(おふだくばり)します。その念仏札には「南無阿弥陀佛決定往生六十万人」の文字が刷られ、身近な名号となったのです。また、さらなる求めに応じて六字名号を自ら書き与えることもありました。『一遍聖絵』には、一遍上人が半切紙の上方を男性に持たせ左手で紙を持ち宙に浮かせたまま六字名号をお書きする姿が残ります。『一遍上人縁起絵』では、二祖真教上人が同じように筆をとる姿が描かれます。歴代上人の六字名号は後世へ大切に継承され、本尊名号として念仏道場や有縁の人々の床などに掛けられ信仰されたのでした。

 このたびは、時宗歴代上人たちが書した六字名号を一堂に公開。関連資料と共に阿弥陀仏の功徳を実感頂ければ幸いです。


2021年5月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 


 

■ 展示されている指定文化財 ■

神奈川県指定重要文化財 紙本着色 一遍上人縁起絵 第七巻 南北朝時代

神奈川県指定重要文化財 絹本着色 一遍上人像 南北朝時代

藤沢市指定重要文化財 絹本着色 真教上人像 室町時代

 

 

 


開 館 日

5月 15.16.17.22.23.24.29.30.31.

6月 5.6.7.12.13.14.19.20.21..26.27.28.

7月 3.4.5.

※ 館内整備・コロナ感染防止予防措置などにより臨時休日する場合もあります。


開 館 日 土・日・月・祭日

■ 開館時間 ■

第1部 10:00〜12:00

第2部 13:00〜16:30

■ ご注意 ■

12:00〜13:00は館内清掃と換気の為、閉館します。

 (入館は閉館30分前迄)


 

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染防止の対応のため、

入館の際には、マスクの着用および手の消毒をお願いしております。

ご協力頂きますよう、重ねてお願い致します。

 


入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 400円
  中学生以下 200円
(※15名以上の団体は各2割引 但し休日開館時は除く)

※現在、15名以上の団体入館は人数を制限した入れ替え制にてご入館頂きます。

係員の指示にてご入館頂きますようお願い致します。

 


主  催

遊行寺宝物館

ページトップへ


過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい