おすすめ→

重要文化財『安食問答』など真教直筆文書を公開中!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

 

企画展

 「遊行上人の軌跡」

 

会 期  平成29年7月22日(土)〜10月2日(月)

休 館 日 毎週 火・水・木・金(祭日は除く)

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 遊行上人は、時宗開祖である一遍の思想と行状を受け継ぎ、決まった場所に定住せず、各地を転々と遊行し、衆生に対して「南無阿弥陀仏と唱えれば、その念仏に応じてただちに浄土へと往生できる」と説いたのです。遊行上人は「現世知識」と称され、肉身の阿弥陀として信仰されたのです。遊行を次世代に法灯相続すると総本山である清浄光寺に独住し藤澤上人を名乗ります。その為、遊行上人のいるお寺「遊行寺」と称されるのです。なお京都七条道場には洛中における活動拠点として例外的に遊行上人が逗留する事もありました。近代以降は対をなしていた遊行上人と藤澤上人を兼帯し相続するようになり現在に至っています。

  遊行上人が統率した時宗教団の特徴は、遊行・賦算・踊り念仏であり、拠り所は道場に鎮座する阿弥陀仏です。しかし定住していない遊行中の法座において本尊仏が無い場合、遊行上人が書いた六字名号が本尊として掲げられました。これを「本尊名号」としたのです。その為、遊行寺を始め各地の時宗寺院には歴代上人による名号が多数現存しています。

  このたびは、遊行上人の軌跡を紹介すべく、遊行上人の原典系譜「遊行藤澤御歴代霊簿」と共に遊行上人の姿や特徴ある六字名号を展示。また遊行上人自ら行儀の為にしたためた文書や誓文、遊行上人に宛てられた綸旨や文書、宗祖一遍の思想を後世に伝える語録など関連史料と共に公開致します。本展覧会ご覧頂き遊行上人の行状を垣間見つつご理解いただくきっかけとなれば幸いです


平成29年7月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 

 

■ 展示されている指定文化財 ■

 

藤沢市指定重要文化財 絹本着色 太空上人像 室町時代

国指定重要文化財 紙本墨書 六時居讃 南北朝時代

国指定重要文化財 紙本墨書 安食問答 他阿真教筆 正和三年九月九日(1314) 鎌倉時代

 

主催

遊行寺宝物館

 

 

 


 

開 館 日

7月 22.23.24.29.30.31.

8月 5.6.7.11.12.13.14.19.20.21.26.27.28.

9月 2.3.4.9.10.11.16.17.18.23.24.25.30.

10月 1.2.

 

(上記以外は団体申込等で開館。要予約 ※館内整備・行事などにより開館できない日もあります。)

 

開 館 日 :土・日・月・祭日

開館時間 : 10:00〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)

 

入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 400円
  小・中学生 200円
(※15名以上の団体は各2割引 但し休日開館時は除く)

 

 


ページトップへ

過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい