おすすめ→

一遍・真教真筆名号など新出史料含めて大公開!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

時宗二祖上人七百年御遠忌記念

特別展

遊行の系譜

 

会 期  平成31年2月16日(土)〜5月27日(月)

開 館 日 毎週 土・日・月・祭日

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 文永十一年(1274)時宗宗祖である一遍は熊野本宮に参詣。熊野証誠殿大権現より「融通念仏を勧める聖よ、御房の勧めによって一切衆生がはじめて往生するものではありません。阿弥陀仏が十劫の昔に悟りを聞かれた時、すでに一切衆生の往生は南無阿弥陀仏により決定しています。信不信を区別せず、浄不浄もきらわず、その札を配りなさい。」と神託をうけました。神託によって信不信浄不浄を問わない決定往生を確立させ、真意を衆生に伝えるべく遊行を開始したのです。賦算しつつ全国を遊行する姿は、歴代遊行上人に受け継がれていきました。


 阿弥陀仏の威光を拠り所とした法燈は、遊行・賦算・踊り念仏と共に継承され、その証しとして「遊行藤澤御歴代霊簿」に記録されていきました。そこには神託を授かった熊野証誠殿大権現が本地仏としての阿弥陀として最初に記載され、二河白道図を生み出した善導大師、鎌倉時代に称名念仏に専念する立場を確立し浄土宗を開いた法然(源空)。幼少期に法然門下、浄土宗西山派始祖證空の弟子である聖達の弟子として浄土教学を学んだ智真(一遍の幼名)であり、時宗宗祖となる一遍。その意志を受け継ぎ教団を確立した二祖真教や法燈を受け継ぐ歴代遊行上人が記され現在へと伝承されたのです。


 本年は時宗二祖上人七百年御遠忌となります。当館では、本年秋に厳修される大法要までの期間、遠忌記念特別展を連続開催致します。阿弥陀来迎図に始まり、遊行上人の姿や自筆六字名号や聖典・筆跡、一遍の思想を後世に伝える語録など、歴代遊行上人の軌跡を関連史料と共にご紹介します。この機会を、一遍から繋がる遊行上人の行状を知り得るきっかけとして頂ければ幸いです。


2019年2月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 

 

■ 初公開作品 ■

 

紙本墨書 六字名号 二祖真教筆 降魔偈付 鎌倉時代

紙本著色 善導大師・法然上人像(対幅) 江戸時代

紙本版画著色 高祖一遍上人行状図 江戸時代
(彩色は明治10年12月山城河村與一画)

 

■ 主な展示作品 ■

絹本著色 阿弥陀三尊来迎図 室町時代

絹本著色 山越阿弥陀図 江戸時代

絹本著色 釈迦三尊像 室町時代

紙本著色 二河白道図 江戸時代

絹本著色 観音図 林丘寺宮筆 江戸時代

絹本著色 一遍上人像 室町時代

絹本著色 真教上人像 土佐光高筆 江戸時代

紙本墨書 源空上人名号 鎌倉時代

紙本墨書 一遍上人名号 鎌倉時代

紙本墨書 真教上人名号 鎌倉時代

紙本墨書 尊観上人名号 南北朝時代

紙本墨書 尊任上人名号(笹名号) 江戸朝時代

紙本墨書  遊行藤澤御歴代霊簿 天保十一年

紙本墨書 和讃本作 南北朝時代

木 一遍上人持蓮華 鎌倉時代

木造熊野権現像 江戸時代

など多数

 

主  催

遊行寺宝物館

 


開 館 日

2月 16.17.18.23.24.25.

3月 2.3.4.9.10.11.16.17.18..23.24.25.27.30.31.

4月 1.6.7.8.13.14.15.21.22.23.24.27.28.29.

5月 3.4.5.6.11.12.13.19.20.21.25.26.27.

 

上記以外は団体申込(15名以上)で開館。(事前申し込みが必要となります。) 

※休日開館は団体割引入館はありません。

※ 館内整備・行事などにより休日開館できない日もあります。

 

開 館 日 :土・日・月・祭日

開館時間 : 10:00〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)

 

入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 500円
  小・中学生 300円
(※15名以上の団体は各2割引 但し休日開館時は除く)

 

 

ページトップへ


過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい