おすすめ→

開館45周年記念、天神にまつわる絵画もりだくさん!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

s

 

 

 

遊行寺宝物館開館45周年記念展

天神と時衆

 

会 期  令和4年10月1日(土)〜12月19日(月)

開 館 日 毎週 土・日・月・祭日

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 天津神である天神は、雷・雨・水などと結びつけられ、荒ぶる神として畏怖されますが農耕神としても信仰されています。平安時代以降は菅原道真の神号としても知られます。道真は政権と学派の争いに巻き込まれ太宰府へ左遷され没します。道真没後の京は雷雨などの災禍が続き、その原因は道真の怨霊であるとして恐れられた為、道真の霊を鎮めるため正一位太政大臣を追贈し、京の北野に天満大自在天神と称し祭り上げたのです。そして邪悪を懲らす火雷天神としたのは、平安時代の御霊信仰や雷神信仰の影響もあるのです。

  さて、時衆と天神の関係は『一遍聖絵』第十一巻第二段に描かれます。一遍が淡路国しつき(志筑)津名郡にある北野天神(道真)を祀る社(現在の志筑神社)に参詣した時、時衆に対して以下のように述べたのです。「天神の本体は阿弥陀如来をお手伝いする観音菩薩であり、人々が往生する時、西方極楽浄土から来迎し人々を乗せる蓮台を傾けられる方なのです。天神として出現した観音菩薩は現世や来世においても、そのご利益は他に並ぶものがありません。貴賎共に帰依するものが絶えることがないのです。また、天神は仮に太宰府に左遷されたという名を残してまで、濁れる末世の人々を助けられるばかりでなく、臨終の障害を除いて浄土へ往生できるよう、広くその門を開いているとされるのです。」天神の由縁を伝えられた二祖真教は、北野天神を参詣した以降、本地が観音菩薩となる天神に対する信仰心が深まり、道真の命日に因んだ天神の縁日とされる毎月25日に別時念仏を修し、一遍の教えを忠実に守ろうとしたのです。これらがきっかけとなり、時衆内の天神信仰が定着し、その証しとして遊行寺には束帯天神、渡唐天神、柘榴天神などが収蔵されているのです。

  この度は遊行寺宝物館開館四十五周年にあわせて、遊行寺が所蔵する天神像の優品を関連資料と共に一挙公開。天神と時衆の繋がりを展示室にてお楽しみください。


2022年10月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 


■ 展示されている指定文化財 ■

 

神奈川県指定重要文化財 紙本着色 一遍上人縁起絵 第五巻 南北朝時代

神奈川県指定重要文化財 紙本着色 一遍上人縁起絵 第十巻 南北朝時代

 

■ 主な展示作品 ■

 

 

■ 出品リスト ■

  名称 形質形状 年号
  一遍上人像 絹本著色 室町時代
  他阿真教像 土佐光高筆 絹本著色 元禄8年(1695)
  渡唐天神像 紙本著色 桃山時代
  柘榴天神像 紙本著色 桃山時代
  束帯天神像 絹本著色 室町時代
初公開 束帯天神像 紙本著色 江戸時代 (個人蔵)
  束帯天神像 絹本著色 室町時代
  楊柳観音図 絹本著色 室町時代
初公開 山越観音像 紙本著色 江戸時代 (個人蔵)
  山越阿弥陀像 紙本著色 江戸時代
  阿弥陀三尊来迎図 絹本著色 室町時代
  阿弥陀聖衆来迎図 神田栄信筆 紙本著色 江戸時代
  阿弥陀二十五菩薩来迎図 紙本著色 江戸時代
  十三仏図 紙本著色 室町時代 (個人蔵)
  西国三十三観音像 紙本木版 明和3年(1766)
初公開 西国三十三所御霊場尊影 紙本木版著色 江戸時代 (個人蔵)
  熊野垂迹西国三十三観音像 絹本著色 室町時代
  観音図 林丘寺宮筆 絹本墨画淡彩 江戸時代
  山越阿弥陀像 絹本著色 江戸時代
  観音来迎図 洞上沙門巨海路勇筆 絹本著色 江戸時代
  楊柳観音図 遊行49代一法筆 絹本著色 江戸時代
  繍観音像 堀田正俊娘曽我仲祐妻刺繍仏 繍仏 延宝8年(1680)
  織曼陀羅観世音 大隈重信寄進 繍仏 明治時代
県指定 一遍上人縁起絵(甲本) 第五巻 紙本著色 南北朝時代
県指定 一遍上人縁起絵(甲本) 第十巻 紙本著色 南北朝時代
  一遍上人縁起絵(乙本) 第四巻 紙本著色 江戸時代
  一遍上人縁起絵(乙本) 第五巻 紙本著色 江戸時代
  一遍聖絵 第十一巻 紙本コロタイプ 昭和時代
  融通念仏縁起 上巻 紙本木版 享和年間(1801-1804)
  一遍聖絵 京都七条道場金光寺旧蔵版 紙本墨書 室町〜江戸時代
  一遍上人六条縁起 木版墨摺 安永5年(1776)
  別時念仏番帳 二祖真教筆 紙本墨書 嘉元4年(1306)
  法華経序本 紙本墨書 室町時代
  妙法華経序品 紀伊守徳川宗直筆 紺紙金字 宝暦8年(1758)
  仮名法華経 若狭国守酒井忠勝女正統院書 紙本墨書 江戸時代
  持蓮華 伝一遍上人所持 木造 鎌倉時代
  仏頭 観音菩薩 木造 桃山時代
初公開 伝摩耶夫人像 木造 江戸時代
  宇賀弁財天坐像 木造 江戸時代 (個人蔵)
  宇賀弁財天三尊像 木造 江戸時代 (個人蔵)
  宇賀弁財天立像(吉祥天像) 木造 室町時代
  空也上人像 木造 室町時代

 

 

 


開 館 日

10月 1.2.3.8.9.10.15.16.17.22.23.24.29.30.31.

11月 3.5.6.7.12.13.14.29.20.21.23.26.27.28.

12月 3.4.5.10.11.12.17.18.19.

※ 館内整備・コロナ感染防止予防措置などにより臨時休日する場合もあります。


開 館 日 土・日・月・祭日

■ 開館時間 ■

10:00〜〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)


■ ご注意 ■

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染防止の対応のため、

入館の際には、マスクの着用および手の消毒をお願いしております。

入館者が多数となった場合、入場制限する場合があります。

ご協力頂きますよう、重ねてお願い致します。

 


入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 600円
  中学生以下 300円

※15名以上の団体入館は人数を制限した入れ替え制にてご入館頂く場合があります。

係員の指示にてご入館頂きますようお願い致します。

 


主  催

遊行寺宝物館

 

ページトップへ


過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい