おすすめ→

彫刻家瀧本光國の作品と日本古美術のコラボ展。藤沢市指定文化財「常光寺地蔵菩薩立像」公開中!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

 

特別展

創造と継承

 

会 期  平成30年10月13日(土)〜12月17日(月)

開 館 日 毎週 土・日・月・祭日

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 鑿が生み出す粗い表現と心地よい曲線を融合させ、柔らかに漂う雲のような優しさを表現する。彫刻家瀧本光國が創造する作品には、身近で親しみのある木材を巧みに活かし、内在する新しい息吹を開放させる。生命力溢れる彫刻を生み出す鑿の先には、もう一つの側面が見えてきます。それが彫刻修復家としての瀧本光國です。

 人は古来より生きる糧の一つとして拠り所を求めます。それは、心の中に安らぎを与え続け、常に人の傍にありました。信仰という拠り所を表現する為、その対象は偶像化され、人々の生活の中に確固たる存在を明示するのです。その一つが仏像なのです。国内において、八百万神の世界の中に、新しき神として仏の姿は受け入れられます。両者は緩やかに融合し神仏習合の世と移り変わるのです。仏像に影響され誕生した神像は、共に拠り所として崇められ、人々の拠り所となって守られてきたのです。尊像たちは、時代を経て人々の思いを受け止めると同時に身を削る事もあるのです。痛々しい姿となった時、その身を本来の姿に戻すことが出来るのが彫刻修復家です。尊像は元の姿に近づく事によって、再び未来への拠り所として人の心を支えてゆくのです。

 このたびは、瀧本光國によって創造された作品を中心に、同氏の鑿から新たな信仰対象として生み出された尊像、修復に携わった藤沢市指定文化財「木造地蔵菩薩立像」、これらに華を添えるような品々など一堂に紹介。拠り所の継承を担い再生した尊像、新しい息吹共に創造された偶像、時代や種別を超えた美術品達は互いに引き合い、見る者に共通点を見いだす機会を与えるのです。この創造と継承の世界をお楽しみ下さい。


平成30年10月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 

 

 

 

 


 

開 館 日

10月 13.14.15.20.21.22.27.28.29.

11月 3.4.5.10.11.12.17.18.19.23.24.25.26.27.

12月 1.2.3.8.9.10.15.16.17.

 

上記以外は団体申込(15名以上)で開館。(事前申し込みが必要となります。) 

※休日開館は団体割引入館はありません。

※ 館内整備・行事などにより休日開館できない日もあります。

 

開 館 日 :土・日・月・祭日

開館時間 : 10:00〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)

 

入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 500円
  小・中学生 300円
(※15名以上の団体は各2割引 但し休日開館時は除く)

 

 

ページトップへ


過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい