おすすめ→

後醍醐天皇御像など指定作品を中心に遊行寺の名宝勢揃い!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

 

特別展

遊行寺の名品

 

会 期  令和4年1月1日(土)〜2月14日(月)

開 館 日 毎週 土・日・月・祭日

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 遊行上人の住む寺「遊行寺」と、人々から親しみをこめて呼ばれた藤澤山無量光院清浄光寺は、鎌倉時代に全国を遊行した一遍上人によって開かれた時宗の総本山です。正中二年(一三二五)遊行四代呑海上人は、江島弁財天窟に十七日間参籠し、白蓮が生える地を居とせよと神託をうけた後に藤澤山中に白蓮を見つけます。そして実兄である相模国俣野荘地頭・俣野五郎景平の帰依を受けて当地に清浄光寺を建立し止住したのです。

  遊行寺には、遊行上人への信仰と共に、数多くの宗教絵画や工芸品等が伝承されています。時宗美術と称される品々は、遊行寺宝物館にて維持管理され、企画展示を通じて適時公開をしております。

 さて、新年最初の特別展「遊行寺の名宝」では、宗祖一遍上人像や一遍上人縁起絵など時宗美術の代表作にはじまり、奈良平安時代の貴重な経典。天皇肖像画として名高い「後醍醐天皇御像」や光明皇后伝「阿弥陀三尊来迎図」、青蓮院宮尊純法親王筆「いろは歌」など宮廷にまつわる品々。遊行上人の為に書写された冷泉為和筆「古今和歌集」や飛鳥井雅俊筆「伊勢物語」など公家との繋がり。武田信玄や今川義元などの武将たちと遊行上人の交流を記した中世文書など盛りだくさん。これらに仏画や彫刻、工芸などの優品が勢揃いします。

  このたびは、遊行寺の名宝を一堂に公開。時宗美術と歴史を同時に堪能できる貴重な機会となります。展示室にて名宝の数々をお楽しみ下さい。


2022年1月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 


■ 展示されている指定文化財 ■

 

国指定重要文化財 絹本著色 後醍醐天皇御像 南北朝時代

国指定重要文化財 絹本著色 一向上人像 室町時代

国指定重要文化財 紙本墨書 安食問答 二祖真教筆 正和3年9月9日(1314)

国指定重要文化財 紙本墨書 六時居讃 南北朝時代

重要美術品 色紙金字阿弥陀経(蝶鳥経)  平安時代

神奈川県指定重要文化財 絹本著色 一遍上人像 南北朝時代

神奈川県指定重要文化財 紙本着色 一遍上人縁起絵 第二巻 南北朝時代

神奈川県指定重要文化財 絹本着色 二河白道図 南北朝時代

藤沢市指定重要文化財 絹本着色 真教上人像 室町時代

藤沢市指定重要文化財 絹本着色 太空上人像 室町時代

藤沢市指定重要文化財 紙本墨書 増壹阿含経 第三十六(善光朱印経) 奈良時代

藤沢市指定重要文化財 紙本墨書 聖徳太子傳暦 巻下 嘉暦元年(1326)

 

■ 主な展示作品 ■

 

国指定重要文化財 絹本著色 後醍醐天皇御像 南北朝時代

 

遊行寺宝物館蔵

神奈川県指定重要文化財 絹本著色 一遍上人像 南北朝時代(右)

国指定重要文化財 絹本著色 一向上人像 室町時代(中央)

藤沢市指定重要文化財 絹本着色 太空上人像 室町時代(左)

 

遊行寺宝物館蔵

絹本着色 白山曼荼羅 室町時代(右)

絹本着色 熊野垂迹西国三十三観音像 室町時代(中央)

神奈川県指定重要文化財 絹本着色 二河白道図 南北朝時代(左)

 

 

絹本著色 阿弥陀来迎図 南北朝時代(右)

木造 阿弥陀如来立像 鎌倉時代(左)

 

県指定重要文化財 紙本著色「一遍上人縁起絵(清浄光寺甲本)」 第二巻 清浄光寺蔵

 

遊行寺宝物館蔵

重要美術品 色紙金字阿弥陀経(蝶鳥経)  平安時代

 

■ 展示作品リスト ■

  名称 形質形状 年号
県指定重文 一遍上人像 絹本著色 南北朝時代
藤沢市指定 他阿真教像 絹本著色 室町前期
重要文化財 後醍醐天皇御像 絹本著色 南北朝時代
重要文化財 一向上人像 絹本著色 南北朝時代
藤沢市指定 太空上人像 絹本著色 室町時代
  羅漢図 絹本著色 室町時代
  出船釈迦像 雪村筆 紙本著色 室町時代
  釈迦三尊像 絹本著色 室町時代
  刺繍阿弥陀如来来迎図 繍仏 鎌倉時代
  弥陀如来来迎図 伝光明皇后 絹本著色髪繍 鎌倉時代
  五仏尊像 絹本著色 鎌倉時代
  役行者前後鬼像 絹本著色 室町時代
  白山曼荼羅図 絹本著色 室町時代
県指定重文 二河白道図 絹本著色 南北朝時代
  熊野垂迹西国三十三観音像 絹本著色 室町時代
  熊野十二所権現像 絹本著色 元禄2年(1689)
  当麻曼荼羅 絹本著色 江戸時代
県指定重文 一遍上人縁起絵(甲本) 第二巻 紙本著色 南北朝時代
  一遍上人縁起絵(乙本) 第一巻 紙本著色 江戸時代
藤沢市指定 増壹阿含経 第三十六(善光朱印経) 紙本墨書 奈良時代
  大般若経巻五百七十七 色紙金字 奈良時代
  称讃浄土仏摂受経 紙本墨書 奈良時代
  紺紙金銀字交書維摩詰経巻下残経(中尊寺経) 紺紙金銀字 平安時代
重要美術品 金字阿弥陀経(蝶鳥経) 紙本金字色紙 平安時代
  大宝積経巻第百十九  (色定法師一筆一切経) 紙本墨書 鎌倉時代
  古今和歌集 冷泉為和筆 紙本墨書 天文13年(1544)
  題会之庭訓和歌会次第 冷泉為和筆 紙本墨書 室町時代
  古今伝授神壇図 紙本著色 江戸時代
  伊勢物語 鹿子木民部少輔鎮貞筆 紙本墨書 鎌倉時代
  伊勢物語 飛鳥井雅綱筆 紙本墨書 室町時代
  徒然草 紙本墨書 室町時代(15〜16世紀)
  いろは歌 青蓮院宮尊純法親王筆 色紙墨書 寛永17年(1640)頃
藤沢市指定 聖徳太子傳暦 巻下 紙本墨書 嘉暦元年(1326)
重要文化財 安食問答  二祖真教筆 紙本墨書 鎌倉時代 正和3年9月9日(1314)
重要文化財 六時居讃 紙本墨書 南北朝時代
  武田信玄判物 紙本墨書 元亀2年7月16日(1571)
  今川義元書状 紙本墨書 12月13日(室町時代)
  足利義昭御内書 (室町幕府第十五代将軍) 紙本墨書 7月19日(室町時代)
  足利持氏書状 (鎌倉公方足利家四代) 紙本墨書 3月10日(室町時代)
  後円融天皇綸旨 (北朝5) 紙本墨書 康暦二年二月十一日(1380)
  後小松天皇綸旨 (北朝6) 紙本墨書 応永十九年四月七日(1412)
  後土御門天皇綸旨 紙本墨書 応仁元年五月廿日(1467)
  青磁袴腰香炉 龍泉窰 中国南宋代(13c)
  青磁牡丹唐草文香炉 龍泉窰 中国南宋代(13c)
  青磁算木文三足香炉 龍泉窰 中国南宋代(13-14c)
  仏舎利塔 伝俵藤太旧蔵    
  阿弥陀如来立像 木造 鎌倉時代
  宇賀神立像(吉祥天像) 木造 室町時代
  空也上人像 木造 室町時代

 

 

 

 


開 館 日

1月 1.2.3.8.9.10.15.16.17.22.23.24.29.30.31.

2月 5.6.7.11.12.13.14.

※ 館内整備・コロナ感染防止予防措置などにより臨時休日する場合もあります。


開 館 日 土・日・月・祭日

■ 開館時間 ■

10:00〜〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)


■ ご注意 ■

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染防止の対応のため、

入館の際には、マスクの着用および手の消毒をお願いしております。

入館者が多数となった場合、入場制限する場合があります。

ご協力頂きますよう、重ねてお願い致します。

 


入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 600円
  中学生以下 300円

※15名以上の団体入館は人数を制限した入れ替え制にてご入館頂く場合があります。

係員の指示にてご入館頂きますようお願い致します。

 


主  催

遊行寺宝物館

 

ページトップへ


過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい