おすすめ→

県重文『一遍上人縁起絵』第一巻と第五巻を公開中!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

 

企画展

 「発現する姿」

 

会 期  平成29年5月13日(日)〜7月17日(月)

休 館 日 毎週 火・水・木・金(祭日は除く)

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 信仰する神仏は、時として人々の前に現れ出ます。発現した姿は奇瑞なる瞬間として尊ばれ、後世へと伝えるために絵画などを用いて伝承されるのです。

  ここで、発現した姿が描かれた絵画を幾つか紹介します。時宗宗祖である一遍は、文永八年(1271)春、信濃善光寺へ参籠し「二河白道図」を感得します。この図には「現世では釈迦如来の教法に帰依し、死後は阿弥陀仏の誓願を頼みとしなさい」という浄土教の教えが譬喩的に描かれています。一遍はこの絵を書き写し、発現した釈迦と阿弥陀仏の間に流れる二河(衆生の瞋りと憎しみの心を表す火の河と衆生の貪りと欲の心を表す水の河)に挟まれた細い白道(浄土往生を願う清浄の信心)こそ南無阿弥陀仏そのものである事を確信。文永十一年(1274)四天王寺西門(極楽門)にて、はじめて念仏札を配り始めるのです。(賦算のはじまり)同年夏、熊野へと向かう参詣道で一人の律僧と出会い賦算を試みます。律僧は「信心がおきず受け取れば妄語となる」と受け取りを拒みます。一遍は押し問答の末、破戒行為となる事を知りつつ強引に念仏札を渡してしまいますが、その行為そのものについて悩み、熊野本宮証誠殿前にて思慮するのです。すると証誠殿の戸が開き山臥が現れ「融通念仏すすむる聖よ、御房の勧めで一切衆生が初めて往生するのではない。阿弥陀仏の十劫正覚に一切衆生の往生は南無阿弥陀仏と必定するのである。信不信をえらばず、浄不浄をきらわず、その札をくばるべし」と諭すのです。この山臥こそ熊野証誠殿大権現が発現した姿であり、その本地(本来の姿)は阿弥陀仏であり、姿を変えて顕現し直接神託を授けたのです。この瞬間が時宗における立教開宗の時となり、全国各地を遊行し念仏勧進をすすめ始める起点となるのです。その姿は『一遍聖絵』や『一遍上人縁起絵』中には、一遍と権現が対峙する重要場面として描かれ、後に「熊野成道図」として単独で重用されるのです。

  本展示では、遊行寺に伝えられた絵画などに描き出された発現の姿を堪能いただけるよう、関連史料と共に紹介します。この機会に発現の姿を体感頂ければ幸いです。


平成29年5月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 

 

■ 展示されている指定文化財 ■

 

神奈川県指定重要文化財 紙本墨画淡彩 一遍上人像 南北朝時代

神奈川県指定重要文化財 紙本着色 一遍上人縁起絵 第一巻 室町時代

神奈川県指定重要文化財 紙本着色 一遍上人縁起絵 第五巻 室町時代

 

主催

遊行寺宝物館

 

 

 


 

開 館 日

5月 13.14.15.20.21.22.27.28.29.

6月 3.4.5.11.12.13.17.18.19.24.25.26.

7月 1.2.3.8.9.10.15.16.17.

 

(上記以外は団体申込等で開館。要予約 ※館内整備・行事などにより開館できない日もあります。)

 

開 館 日 :土・日・月・祭日

開館時間 : 10:00〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)

 

入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 400円
  小・中学生 200円
(※15名以上の団体は各2割引 但し休日開館時は除く)

 

 


ページトップへ

過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい