おすすめ→

動植物の意匠が施された絵画・工芸・彫刻などを楽しめます!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

企画展

荘厳と動植物

 

会 期  令和4年7月23日(土)〜9月26日(月)

開 館 日 毎週 土・日・月・祭日

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 仏像や仏堂を、美しくおごそかに飾りつける事を荘厳(しょうごん)といいます。飾られる品々には、草木模様や動物・霊獣などが意匠として施され、仏が坐す空間を彩ります。仏像や仏堂を荘厳するのは、仏の威徳をあきらかに現すためです。そして仏堂の建築や装飾などが美しく立派であることを見れば、仏に対する信仰心がわき上がるのです。

  仏への信心につながる荘厳は、いろいろな形となり表現されます。仏堂の正面、向拝(こうはい)を見上げてみれば、頭貫( かしらぬき:柱の上部のつなぎとした横木)に邪を払うため獅子や象など動物を飾り、清浄なる空間の威厳を保つ表現としています。堂宇の中を見渡せば、仏を安置する須弥壇(しゅみだん)には、天蓋(てんがい)や幡(ばん)・華鬘(けまん)が配置され、蓮華座(れんげざ)に坐した仏の前には三具足(みつぐそく)や五具足(ごぐそく)(華瓶(けびょう)・香炉・燭台)を仏前供養として配置されます。各々荘厳には、獅子や唐草文など動植物の意匠が施され、空間を引き締めます。堂宇の襖や障壁には仏画や山水画などが描かれ色を添え、床の間には荘厳に見合う書画が飾られるのです。細部をみれば、経典や連歌、証書などに用いる料紙(りょうし)に、金や銀の細かい箔、蝶や鳥模様などを散らす意匠をこらした装飾は、荘厳といってよいでしょう。これらは浄土に坐す仏への信仰に繋がるのです。

  このたびは、遊行寺と阿弥陀仏を荘厳する品々より、動植物を意匠として使用された作品を集めて一堂に公開。仏を荘厳する為に寄贈された絵画や工芸品の中に描かれた動植物と共に、仏の荘厳をお楽しみ下さい。


2022年7月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 


■ 展示されている指定文化財 ■

 

重要美術品 色紙金字阿弥陀経(蝶鳥経)  平安時代

 

■ 主な展示作品 ■

 

 

 

 


開 館 日

7月 23.24.25.30.31.

8月 1.6.7.8.11.13.14.15.20.21.22.27.28.29.

9月 3.4.5.10.11.12.17.18.19.23.24.25.26.

※ 館内整備・コロナ感染防止予防措置などにより臨時休日する場合もあります。


開 館 日 土・日・月・祭日

■ 開館時間 ■

10:00〜〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)


■ ご注意 ■

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染防止の対応のため、

入館の際には、マスクの着用および手の消毒をお願いしております。

入館者が多数となった場合、入場制限する場合があります。

ご協力頂きますよう、重ねてお願い致します。

 


入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 500円
  中学生以下 300円

※15名以上の団体入館は人数を制限した入れ替え制にてご入館頂く場合があります。

係員の指示にてご入館頂きますようお願い致します。

 


主  催

遊行寺宝物館

 

ページトップへ


過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい