おすすめ→

小栗伝関連史料を始め、天狗の爪や仏舎利など希少品多数公開中!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

 

特別展

「藤沢山の伝承」

 

会 期  平成30年5月12日(土)〜7月16日(月)

開 館 日 毎週 土・日・月・祭日

開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

 

 時宗総本山である藤澤山無量光院清浄光寺は、鎌倉時代に念仏勧進しつつ全国を遊行した一遍上人より続く法燈を受け継いた遊行四代呑海上人が、実兄であった相模国俣野荘地頭・俣野五郎景平の帰依を受けて、正中二年(1325)に開山しました。呑海上人は遊行五代安国上人へ遊行を相続すると藤沢山へ留まり終焉の地としたのです。後の遊行上人達も、呑海上人に続いて留まり住んだ事から「遊行上人の住む寺」と親しみをこめて遊行寺と呼ばれ、東海道藤沢宿の名刹として今日に至るのです。


 さて、遊行上人が住む清浄光寺には、天皇を始め、公家・武家等との多岐にわたる交流記録や、縁あって奉納された品々などが今日に伝えられ、懐の広さを知ることができます。その中でも信仰対象として珍重されるものから異彩を放つものを幾つか紹介しましょう。まずは交流史や史実を元に発生し文学芸能の題材として各地へ流布した「小栗伝説」や「実盛兜」「閻魔王の玉印」、親交のあった修験行者達から寄進された「天狗の爪」に「鬼の牙」、宗祖一遍上人が所持していた「念仏鐘」や俵藤太旧蔵とされる「仏舎利塔」、遊行上人への信仰から生まれた「かじめの杓子」、怪異的な伝承品でもある「ためいきの面」や「星の硯」など不思議なものが盛りだくさん。その伝承は『新編相模國風土記稿』(天保十二年 1841)等にも詳細に記載され人々を惹きつけ、「津山出開帳絵図書留」や「日鑑」より、嘆願され開帳された様子と共に集った人々を驚かせていた事が分かります。


 本展示では、藤沢山の伝承にまつわる什物を中心に展示します。奇瑞や逸話と共に藤沢の地に伝えられた遊行寺の不思議な歴史を楽しみ事ができる特別な機会となります。どうぞ伝承の世界を堪能下さい。



平成30年5月吉日

遊 行 寺 宝 物 館

 

 

 

■ 展示されている指定文化財 ■

 

神奈川県指定重要文化財 絹本着色 一遍上人像 南北朝時代

藤沢市指定重要文化財 絹本着色 太空上人像 室町時代

 

 

 

主  催

遊行寺宝物館

後  援

藤沢市・藤沢市教育委員会

 

 


 

開 館 日

5月 12.13.14.19.20.21.26.27.28.

6月 2.3.4.9.10.11.16.17.18.23.24.25.30.

7月 1.2.7.8.9.14.15.16..

 

上記以外は団体申込(15名以上)で開館。(事前申し込みが必要となります。) 

※休日開館は団体割引入館はありません。

※ 館内整備・行事などにより休日開館できない日もあります。

 

開 館 日 :土・日・月・祭日

開館時間 : 10:00〜16:30

 (入館は閉館30分前迄)

 

入 館 料 :

入館料: 一般(大学生・高校生含む) 500円
  小・中学生 300円
(※15名以上の団体は各2割引 但し休日開館時は除く)

 

 

ページトップへ


過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい