おすすめ→

重要文化財『安食問答』など真教直筆文書を公開中!
HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

遊行寺宝物館取り扱い書籍

 

一遍聖絵を歩く  中世の景観を読む  考古学と中世史研究 第9巻

五味文彦・小野正敏・萩原三雄編  2,500円(税別)
A5判・カラー口絵48頁+180頁 ISBN978-4-86215-109-4

 

遊行寺宝物館全面協力にて完成した『一遍聖絵』最新研究本です。

巻頭48頁におよぶ口絵は、『一遍聖絵』図録として楽しめる一冊です。

 


主な目次


口 絵 オールカラー48頁/写真総数210点
解 説…………………………………………………………遊行寺宝物館 主任学芸員/遠山元浩
一遍と鎌倉時代の日本列島―主旨説明―……………同志社大学文化情報学部教授/鋤柄俊夫

T 聖絵とは何か
『一遍聖絵』と中世社会……………………………………………………放送大学教授/五味文彦
『一遍聖絵』を読み解く………………………………………遊行寺宝物館主任学芸員/遠山元浩


U 館・寺院・神社 歴史の中のモニュメント
中世大宰府と『一遍聖絵』の世界…………………………………太宰府市教育委員会/山村信榮
中世善光寺の風景……………………………………………………長野県教育委員会/宿野隆史
大隅正八幡宮の空間と中世前期の様相……………………………霧島市教育委員会/重久淳一
伊豆三島社の景観と遺跡………………………………………伊豆の国市文化振興課/池谷初恵
『一遍聖絵』と時衆徒の熊野戦略……………………三重県埋蔵文化財センター主幹/伊藤裕偉
市と伽藍……………………………………………国立歴史民俗博物館共同研究員/屋麻里子


V 都市と道、宿と津・湊  人とモノの動きから
一遍にとっての京都……………………………………同志社大学文化情報学部教授/鋤柄俊夫
武蔵府中・鎌倉街道上道・時宗…………………………府中市郷土の森博物館学芸員/深澤靖幸
一遍にとっての鎌倉……………………………………東京大学史料編纂所准教授/高橋慎一朗
湊からみた中世都市・見付…………………………………………磐田市教育委員会/木村弘之
中世東海道の宿と渡の空間構成……………………………東京大学史料編纂所教授/榎原雅治


 

 


 

 

遊 行 寺

書籍名

遊行寺

著 者 

高野 修 遠山 元浩

発行年 平成18年7月23日 第二版発行
発行者 高木貞歡
発行所 時宗宗務所
時宗総本山 清浄光寺 (遊行寺)
 

〒251-0001神奈川県藤沢市西富1-8-1
tel.0466-22-2063  fax.0466-23-8243

価 格 500円

 

 

 


画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい