おすすめ→

国登録有形文化財宇賀神社飾板を初公開中!地獄絵等展示!

HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

 

独立美術協会会員


吉川 清

 

 

治36年〜昭和31年
(1903〜1956)

 

 

- 藤沢に生きたフォービスムの画僧 -

 吉川清(よしかわきよし)は明治36年(1903)群馬県仙源寺住職、吉川法眼の長男として生まれます。時をおなじくしてフランスでは、フォービスム(fauvisme:野獣派・野獣主義)と呼ばれる絵画史上革新的な変革運動が始まっていたのです。

 
   
再誕

 

 

   大正5年(1916)清は甲府にある一蓮寺の住職、河野頼善(後の遊行六十五代他阿尊光上人)徒弟として得度。喜善(きぜん)と名を改めます。同年4月、私立藤嶺中學校(※1)入学、同校寄宿舎での生活が始まります。藤嶺中學校で、湘南の洋画家として名をはせることとなる鳥海青児や原精一(※2)出会うのです。鳥海青児は清を絵の弟子と称し、清は原精一を弟子と称し親交を深めてゆくのです。大正10年(1921)藤沢中学校を卒業後、東洋大学に進学。大正13年(1924)専門部文化学科を卒業。社会人となった清は「川端絵画研究所」(※3)て本格的に油彩画の手法を習得するのです。また、清の画風に大きな影響を及ぼしたのは、フォービズムの先駆者であった洋画家、萬鐵五郎(※4)の出会いです。原精一と共に、茅ヶ崎に転居してきた萬鐵五郎に師事した事は、後の前衛的で大胆な筆触につながるのです。画風を確立した清は、昭和11年(1936)から「青年美術家集団展」に連続出品。その後「独立美術協会展」に出品します。終戦後、同展にて「独立賞」を受賞、準会員に推挙され、昭和27年「独立美術協会会員」となったのです。
魔性(1955)
 

 

 画家として名が知られた清は、一遍上人を宗祖とする時宗の僧「吉川喜善」としても業績を残しています。時宗総本山清浄光寺(遊行寺)塔頭「真徳寺」住職としてはもちろん「阿弥教団」研究者としても知られ、著書の中でも『時衆阿彌教団の研究』は高い評価を受けています。

 
   
虎を殺したラマ(1955)

 

 

   このたびは「赤門さん」として親しまれた画僧、吉川清の代表作である「再誕」「魔性」をはじめ、墨画・淡彩画・油彩画等、真徳寺所蔵作品を中心とした秀作21点に関連史料をあわせて展示。淡い色を巧みに用いる日本画から、荒々しいほど重厚な筆使いで独特な世界を作り出す油彩画。フォービズムと共に生き、仏道・画道を共に極めた画僧、吉川清でなければ描き出すことのできない世界の魅力に迫ります。
来迎(1953)
 

 

 

※1
現在の藤嶺学園藤沢高等学校。前身は清浄光寺の僧侶養成機関「時宗宗學林」。大正4年(1915)私立高等学校として認可。清の在学中、大正7年(1918) 私立藤沢中学校、大正10年(1921)藤沢中学校と改称される。  戻る


※2
鳥海青児(ちょうかい せいじ 1902-1972)画家。藤嶺中学卒。岸田劉生に感化をうける。戦後、独立美術協会の中心的存在として活躍。
原精一(はら せいいち 1908-1986)画家。遊行寺塔頭真浄院の長男。美術団体「春陽会」に数多くの作品を出展。  戻る

※3
もと川端画学校。明治42年(1909)川端玉章(宮中御用画家)が日本画家育成を目的として設立した私立美術学校。大正期に洋画部が併設・改名、洋画壇の中心的存在だった藤島武二が教授として指導にあたる。  戻る


※4
萬鐵五郎(よろず てつごろう 1885-1927)画家。アブサント会、フュウザン会に参加。二科展、院展などに出品。日本前衛美術の先駆者。  戻る

 

 

 

     

ページトップへ

 

 

過去の展覧会


HOME 展覧会 はじめに 利用案内 交通 収蔵品 出版物 おしらせ

 

 

画像データなどの無断転載、転用はご遠慮下さい